K 邸 増築&リフォーム 工事編
Step6

仕上げ諸工事


お施主様が電気工事 床下には竹炭を!
 今回のお施主様は、電気工事有資格者
自ら電気配線や器具取り付けをされました。
資格や経験というのは、大切なものですね〜
昔とった杵柄が、大活躍ですよね!
コストダウンにも繋がりますし、また自分の家を
建てるプロジェクトに実際に参加すると言うことは、
非常に意義のあることだと思います。
やりたいように納得行くまでできますからね!
愛着も湧き素晴らしいことですネ!


 既設の建物の床下が湿気っていましたので
白蟻駆除会社のお奨めで竹炭を敷き詰める
ことになりました。また、サービスで1坪分の竹炭を
頂いたので新設の洗面所の床下に敷き詰め
ました。今話題の商品ですね〜マイナスイオンを
発生したり、床下を一定の湿度に保ってくれたり
メリットが多いですね。




クロス工事パテ処理 クロス工事本番!
 大工工事が概ね終わり清掃後・・・
クロス屋さんの登場です。最初に下地のプラスター
ボードの継ぎ目のパテ処理から始めます。

パテ乾燥までじっと我慢の子・・・。









 パテ処理・乾燥・サンディングの後・・・
クロス貼りの本番です!これは、クローゼットの
天井クロスを貼っているところですね。
狭い場所・やりにくいところから片付ける・・・
職人さんは、皆同じ考えですね!(笑)
クローゼット内の内壁は、下地に合板12mmを
貼りました。こうすることで、お施主様が、後で
どこにでも棚やBOX類を取付けることができます。
「下地の木はどこだ!?」って悩まなくても
バリバリビスをもみ込んでやって下さ〜い!
どこにでも利きます!でも配線や配管には、気を
つけてくださぁ〜い!


倉庫天井仕上げ 外部鋼板貼り
 1階の倉庫部屋の天井仕上げです。
2階床下と1階天井との間は、【地獄】となる場所で
何かやりたいとき、あるいは、問題のあったときに
床か天井を破らなくてはいけません。
先ほども申し上げましたが・・・お施主様は、電気
工事のできる方で・・・思いつかれては、、器具や
配線を追加されるそうです。ここは、将来の追加の
電気工事に備えて1階の天井をビス止めで
仕上げるタイプの材料にしました。これでビスを
外せばいつでも追加配線して頂けます。(ほっ)




 外に出てみましょうか!
板金外壁工事も進んでいるようですね〜
材料は、鋼板なのですが、2階の妻【三角のところ】
まで1枚もので貼れるとのことで、ここはひとつ
丈夫で雨じまいを優先して1枚ものを貼ることを
お奨めしました。シンプルイズベストです。
色に関しては・・・前回の現場のこともあり、^^;;
多くの色をお見せすると迷われると思いまして
3種類くらいのカットサンプルをお持ちしました。
と言うか・・・塗装に比べて鋼板の色に関しては、
あまり選択肢が、ありません。色数は少ないです。
お施主様が、おもむろに1枚を取り上げ外壁部に
当てて「これにしましょうか!」と言われ即決です!


高圧洗浄した屋根 屋根塗装1
 既設の屋根が【モニエル】と呼ばれるセメント系
の瓦で表面の塗装が、ごっそりと剥がれ落ちて
いました。おまけにカビとコケで汚れて・・・
これ以上放っておくと雨水が浸透してヒビ割れを
生じ【屋根の全面葺き替え】となる危険がありました
ので再塗装をお奨めしました。
これは、私どもではなく・・・瓦屋さんが増築部の
屋根を葺きに来た際のアドバイスです。専門家の
意見ですからお施主様も納得ですよね。
写真は、高圧洗浄してコケやカビを洗い流し、(処置
1段階)乾燥後にエポキシプライマーを塗布した
ところです。塗料の目止めですね。
これで処置2段階ですね。


 乾燥後に下塗りとなる1層目塗装を施します。
材料は、ポリウレタン樹脂塗料
【防かび・予藻】
高耐久な塗料を吹付けます。これで処置3段階!
中塗りの貴重な画像は、 塗装屋さんから提供して
頂きました。職人をやりながら自分の仕事ぶりも
撮影すると言う生真面目な人です。ありがたい(^o^)








屋根塗装2 屋根塗装仕上がり!
 上塗り仕上げの工程です。(処置4段階)
今度は、吹付けの瞬間をうまく撮影できました!(^o^)
丁寧に1枚1枚を塗るように吹き付けていきます。


 仕上がりです。どーですか!この光沢は!!!
増築を機会に既設の屋根も新築のようになり
バランスがとれました。既設が、母屋ですからね〜
お手入れをしていかないと。屋根塗装のついでに
しぶき鋼板・ひさし類・破風も再塗装されスカッと
気持ち良くなりました!(微笑)


衛生器具取り付け ミニキッチンにガス管を繋いでっと
 1階のトイレの仕上げですね。衛生器具の取り付け
をやってます。床材は、水を扱う場所ですから
クッションフロアーをお奨めしました。
後々のメンティナンスや張替えも簡単ですからね〜
設計からトイレに余裕の巾をもたすことで特別な
器具も要らずコストのこなれた、ごく普通の器具で
対応できます。お子様など同時に入ったり使用頻度
の高いトイレは、広めの方が、イイっすよね!





 2階のリビングでは、ミニキッチンにガス管を
接続しています。コンロも1ヶ口でシンクも可愛い
ものですが・・・ミニでも・・・
これが、あるのとないのでは大違いだと思います。
最初からきちんとスペースを設けて設置すると
収まりも良いですしね〜後からでは、配線や
配管が、一筋縄では、出来ませんからね〜
すなわち後付けは、コストもかかるということです。

 では、最終ステップとなりました・・・内外観の
仕上がりをご案内します。 Step7へGo!



プラン編 Step1 Step2 Step3 Step4 Step5 Step7
ホームに戻る