K 邸 増築&リフォーム プラン編


 今回は、ホームページをご覧になられて電話でお声がけをして頂きました m(__)m
 増改築・リフォームの記事を連載して以来、同じようなケースの工事が続き
 書いている筆者本人も驚きです@@ インターネットメディアという巨大情報網の中
 知り合うお施主様が、スーパーご近所だったのには、これまた驚きです(笑)
  今回のテーマは、徹底したコストパフォーマンスです。私どもの提携する金融機関も
 動員し、低金利で融資!限られた予算の中で出来る限りお施主様の理想の
 マイホーム作りをしようという計画です。
  また、お施主様は、自作パソコンをカスタマイズするほど研究家です。
 マイホーム作りにも無駄なものは一切いらない、ほしい物だけをチョイスして
 独自にコストバランスに納得できるものを作る!
の意気込みです。
 これも注文住宅だからこそ出来る技ですね〜私どもも、その旨を考慮した上で
 更に強度・耐久力のある住宅のご提案に努力したいと思います。
 
  今回のポイント:メーカー・ブランド等にこだわらず、過去・現在の流通経路に
             存在する一番値のこなれたしかも耐久力のある材料・工法を
             チョイスして工夫することでコストダウンに繋げるです。
1階床面積 40.57u (12.29坪)
2階床面積 37.26u (11.29坪)
延べ面積 77.83u (23.58坪) 


                    1階平面図
1階平面図


                    2階平面図
2階平面図


外観完成予定パース図 2階16帖リビング&寝室パース図
外観完成予定 2階 リビング&寝室パース
 住宅の坪単価に一番有利な完全総2階。
そして、4.5寸勾配の切り妻1枚屋根。
また、外壁には、昔ながらの鋼板を縦貼りします。
バルコニーもアルミ製を後付けとしました。
オーソドックスではありますが・・・
個々の部材にそうとうの耐久力があります。
流行さえ追わなければ、我々の経験上、これが
一番エコノミーで長持ち仕様だと言いきれます。
もし、何十年後かにメンテナンスしても材料自体の
原価がエコですから修理等、何につけても経済性の
良い住宅だと言えるでしょう。


 外観とは、裏腹に内装は、近代的です。
リビングと寝室は、可動式建具で間仕切られ
普段は、個々に使い分けることができます。
また、フルオープン時には、16帖を確保!友人や
ご親戚とチョッとしたパーティーにも対応できます。
そして、2階の2部屋には、それぞれに1.5間の
2350mm高クローゼット。バツグンの収納力です。
 
 1階には・・・
お風呂を含む一連の水まわりの機能も充実!
では、工事編へ! お楽しみに〜〜〜(^o^)丿 

工事編
Step1へ

Step2

Step3

Step4

Step5

Step6

Step7

ホームに戻る