V邸 アジアンテイスト住宅 Vol.2
建前(上棟式)




  大安吉日建前の開始です!上棟式とも
  言いますが、そんな堅苦しいものではなく、
  どんどん家を組み立てる日です。
  おおよその木組みは前週から地面に
  寝かせたまま組み立て、建前の朝一番に
  レッカーで起こしていきます。土地が広いと
  準備がし易くありがたいです。


   順次、側を起こしたら、今度は梁を落として
   いきます。この辺りは1本1本手作業なので
   時間がかかります。写真は玉掛という作業
   ですね。






  柱と柱のスパンが大きい(大部屋)場合、
  屋根を梁で持たせなければなりません。
  今回はリビングに見せる(魅せる^^)
  丸太の梁をかけました。丸太の柱が
  丸太の梁を支え、それにまた丸太の梁が
  かかります。魅せどころですね(^^)v




  近くで見るとこんな感じです!筆者も上に
  上がって作業しながら撮影してますので
  写真に迫力があるでしょ!?(^o^)悩みは
  自分が写らないということです^^;


   桁・梁までの地廻りが完成しました。地廻り
   ってのは軒桁高のことを指します。今回は
   平屋ですから後は屋根作りですね。



  レッカーで吊るしているのは天秤と呼ばれる
  部材です。屋屋裏で屋根を支える短い柱の
  ことを
小屋束といいますが、この小屋束を
  数本まとめたものが天秤です。


  天秤や小屋束ができたら、今度はその上に
  母屋という部材を乗せていきます。




   いやいや、昼までにいいペースで屋根の
   形が見えるまでできましたね〜




  お昼はお施主様のご配慮で昼食を御馳走して
  いただきました。奥様手作りの牛すじ味噌煮汁
  おいしかったです!冬の寒空に心も身体も
  暖まりました^^ ありがとうございます。


  午後からは屋根タル木を打ち付けていく
  作業です。これも1本1本取り付けるわけ
  ですが…何せ打ち付ける釘が125mmも
  あるので数本打つと腕がだるくてダルくて^^;
  しかし、頑張れました!牛すじ効果出て
  ますよ(^□^)/


   根気根気で屋根タル木が完了しましたね。
   妻側(三角のある方)の一番前のタル木の
   側面に少し幅広の板を打ち付けます。
   これを
破風といいます。




  軒先では棟梁が、軒の墨を出していますね。
  タル木の鼻先には破風と同じ幅の鼻隠しと
  呼ばれる板を打ち付けます。





  松葉建築の工事課長も頑張っています!
  破風を釘で打ち付けていますね。


   破風・鼻隠しができると野地板貼りに突入!
   いよいよ大詰めって感じですね^^


  ありがとうございます!建前完了です。
  瓦屋さんにルーフィング(防水紙)を張って
  もらって一安心(^−^)
  次回は外壁・内造作と並行してご紹介します!
  お楽しみに〜♪

 Vol.1 Vol.3 Vol.4
サイトマップ プロフィール Gallery新築館 Galleryリフォーム館 コラム新築編 コラムリフォーム編
コラム災害編 コラム別寝生活 注文住宅 計画の進め方 お施主様の声 メンテナンス リンク