コラム 建築あれこれ 増築・改築・増改築・リフォーム編

 最小限のコストで最大の機能を!あなたの家も大変身

  小ぶりな仕事は、小ぶりな施工店で!
 増築施工例
  利用できるスペースを見逃さないで徹底的に有効利用しよう!
  現在の家を図面上、外枠だけを残して
   間取りを白紙からプランニングしてみよう!


  良心的で末永くお付き合いできる業者や担当者選びは、新築編で勉強しましたよね〜?
 えっ!まだ??ここでも共通することなのでできれば新築編から読んでくださいねHOMEはこちら
 その1
  小ぶりな仕事は、小ぶりな地元の施工店で!

  このページで少し違うところは、依頼する業者がかなり絞られてくることです。
 大手ハウスメーカーの構造的な特殊工法を必要とする工事や前もって用意されている増改築プランが
 ある場合は、ともかくとして、増築改築リフォーム に関しては、大手に依頼するより、慣れ親しんだ
 地元の小ぶりな工務店、建築店、大工さんに依頼する方が、圧倒的に有利です。

 『だけど…営業マンなら話しやすいけど、大工の親方や職人さんって…ちょっと話し辛いんじゃない?』
 そんな風に考えておられる方、それは偏見です。(きっぱり)確かに見た目は、ちょっとイカツイ大工さんも
 おられますが、実際に話してみると意外にも話しやすく、そして気さくで気前の良い人が多いものなのです。
 ホームページで検索したり、知人の口コミでいい大工さんがいるなら是非、相談してみてください。
 とにかく、一度会われてサラっとお話をされてみることを強くお奨めします。訪問販売やハウスメーカーの
 営業マンのように、しつこい営業はいっさいないと思いますよ。そして何より地元ですから安心ですよ!

プランニングの速さ

工事の経過

価格

大手建築会社、
ハウスメーカー

 新築のように、用意された
 プランがない場合、工事が
 下請け孫請けまで下り、
 見積り発注となるので遅い。

 問題が生じた場合
 何ヶ所もの部署や下請け、
 孫請けへの連絡が必要なので
 解決が遅い。

 建築材料や住宅設備品の
 仕入れは安いが
 中間マージンや経費が
 かさむので割高となりやすい。

小ぶりな工務店、
建築店、大工さん

 普段から手馴れて、構造や
 商品を熟知した施工者と
 直接、打ち合わせが出来る
 ので早い。

 毎日でも施工者と
 直接連絡、確認がとれるので、
 大きな問題は起りにくいし、
 解決も早い。

 近年、メーカー直売が多く
 仕入れも安価。あらゆる
 中間マージン経費等も
 少ないのでトータルで安い。


  特に屋根瓦をめくって2階を増築するなどの天気に左右されやすい工事などは、いつでも稼動可能な
 小回りの利く身近な施工業者が絶対お奨めです。天気予報を調べ相談しながら施工日を決めたにも
 かかわらず、増築途中で突然の無情の雨・・・。私達にも経験があります。もちろん、1階への雨漏りを
 防ぐためシート等で屋根を覆うわけですが、それでも夜間など雨足がひどくなったときは、現場を見に行きます。
 不信なところは、投光器で照らし、ハシゴかけて持ってきたシートや養生材料でさらに防水します。
 小まめな小ぶりちゃんだからできる技です。

  また、改造やりフォーム途中では、予期せぬ家屋の傷みに遭遇したりもします。そんなときにも、
 小ぶりちゃんは、少しくらいの材料や手間は、惜しまみません。施主さんに『こうこうしかじかで』と説明をし
 サービス精神で気前良く対処して現場を進めて行きます。そんな細やかな動きができるのは、やっぱり
 地元の小ぶりな業者さんだからこそなのです。大手企業から見れば、小さな現場でも小ぶりな業者にとっては
 大きさに変えがたい、ありがたさがあります。良い仕事をして施主さんへの信用を築いて行くことが
 何よりの営業活動だと良く分かっているからです。そして、自分達の現場がすごく可愛いものなのです。

  小ぶりでフットワークの良い業者さんを見つけておくことは何かと便利です。部分修理など細かい相談にも
 のってくれますしね!建売住宅などを購入されて、建てっぱなしでお困りの方にもお奨めです。

↑TOP



その2
  では、ここで実際に私達の手がけた工事を紹介します。

●増築参考邸 パターン1(H邸)
 重量鉄骨構造で1階に車庫とトイレ、2階に2部屋の洋室、収納スペース、
さらにバルコニーを持つ、2階建ての増築の工事現場です。
H邸 施工前 H邸 施工後

施工前

施工後

工事進行過程へGo!

●増築参考邸 パターン2(I 邸)
 ちょこっと増築。1階の南西部位に4.5畳の子供部屋(緑線部)と
玄関扉のリフォームも兼ねて玄関も少し増築した(ピンク線部)参考例です。
I 邸 施工前 I 邸 施工後

施工前

施工後

工事進行過程へGo!

   さて、工事の具合はどうでしたか?小ぶりちゃんの働きぶりを確認して頂けましたでしょうか(^。^)
  
↑TOP


その3
  利用できるスペースを見逃さないで徹底的に有効利用しよう!

  増築には、いくつものパターンがあります。

 1.もっともポピュラーなのが、上記H邸のように、建て増しする余裕の土地があって、新しい建物と
   既設の建物を連結する方法です。構造については、1階を車庫に利用する場合などスパン
   (柱から柱までの距離)を大きくとる必要性があれば強度と安全性においても、重量鉄骨構造か
   木造大断面工法(エンジニアリングウッドを使用した大きな梁・柱がで構成されている工法)が
   適しています。1階も部屋にしてしまうなら、従来の木造(在来軸組み工法)で、何ら問題ありませんし
   既設の構造を問いません。

 2.窓際の部屋を大きくしたり(上記I参照)お風呂やトイレを増築する目的で、限られた少しのスペース、
   たとえば2メートルくらいの幅でも増やす方法。間取り変え等で、プランが収まりきれなくなった場合や
   サンルームなどの増設もこれに準じますね。構造は、手軽でコストも安い木造がもっとも適しているでしょう。
   これも既設の構造を問いません。サンルームなら、アルミ製のものが手軽です。

 3.平屋住宅を2階建てにする方法。または、2階建て住宅の平屋部分(1階に屋根部分があるところ)
   に2階を継ぎ足し2階面積を広げる方法。それに、使ってないバルコニーをサンルームにしたり
   部屋にしてしまう手もあります。既設が木造なら木造の増築が適していますし、既設が鉄骨なら、
   鉄骨でも木造でも増築できます。但し、既設がプレハブ住宅の場合、2階への増築に関しては、
   元のハウスメーカーに依頼するのが、構造上、安全性からも、もっとも懸命でしょう。
   しかし、近年では耐震に対する傾向上、まったくの平屋を2階に増築することは基本的には賛成できません。
   部分平屋を2階建てにするのは壁量計算等、専門的に設計して強度がでるようであれば問題ないでしょう。

  この3つが、大抵のパターンです。他に、2階建てを3階建てにしたり、地下室を作る方法もありますが、
 コスト的に不利なので、ここでは省略します。

  さぁ、どうでしょう?今一度、自分の家をじっくり見つめ直しましょう。
 遊んでいる、スキマと化した土地や屋根、デッドスペースは、ありませんでしたか?

↑TOP


その4

  現在の家を図面上、外枠だけを残して
  間取りを白紙からプランニングしてみよう!

  それでは、改築リフォームに関して少しふれてみたいと思います。
 新語辞典には、リフォーム=建物の改築と載っていますが、工事的には、リフォームの意味合いに
 幅がありますよね。小さな部分補修、修理や修繕、パーツの取り替えや張替えもリフォームに含まれますし、
 また、間取りの変更やトイレ、脱衣場、お風呂、ダイニング、キッチンなど水廻りの工事、それに外壁や
 屋根の工事まで含む改築まであります。ここでは、限られた今までの生活スペースを生かし、より快適に、
 今の生活によりフィットした暮らし良い改築リフォームを考えましょう。
 
  私は、こんな話を聞いたことがあります。「…築25年で、子供も大きくなり、生活スタイルも変わりはて
 内外装も、それなりに傷んできたので、ある業者さんにリフォームを依頼したのよ。それが・・・
 壁、床、天井や設備などは、新しくなったものの間取りが昔のままで、使いづらいままで工事が終わって
 しまったわ…」という具合です。要するに、改築(改造)ではなく、張り替えや取り替えを行なっただけなんですね!
 工事前に、打ち合わせもなかったのでしょうか?それとも、お任せ状態だったのかも知れません。
 どちらにしても、せっかくお金をかけたのに使いづらい…結果は、好ましくありませんね。

  一般的に、その建物の構造を熟知した業者が元請ならば、打ち合わせも十分にできますし、
 建物の外枠を大きな一つのスペースとして考え再構築できます。たとえば、2間をワンルームにしたり
 窓を広げたりするのであれば、柱を抜き取るために梁(ハリ)や桁(ケタ)など横に走る構造材を補強することで、
 壁を取り去ることができます。また、全く違う場所に水廻りを移動するなど、思いきった間取り変えもできる
 はずです。もちろん、傷んだものは、全て新しくなる訳ですから完成後は、新築を思わせるくらいの変わり映えです。
 「うわぁ〜!よその家に来たみたいやわぁ〜」(マジお施主さん談)

  安全性においても専門的な壁量計算・耐震/制震を踏まえた上でプランニングする訳ですから安心できます。
 実際に考えて構造、安全上どうしても取り去れない柱や梁なども確かにあります。でも、難しく考えなくても
 取り去れない柱を生したプランニングにしてしまえば良いのです!、設計士さんなら、もちろんのこと、
 木造の一般住宅クラスであれば、大工さんで十分、分かることですから是非、相談してみてください。
 但し、構造に手を加える分だけコストはかかります。                 

↑TOP

サイトマップ プロフィール Gallery新築館 Galleryリフォーム館 コラム新築編 コラムリフォーム編
コラム災害編 コラム別寝生活 注文住宅 計画の進め方 お施主様の声 メンテナンス リンク